数珠の珠のおはなし

山内神仏具店 お仏壇と神棚は高岡市・富山市の当店で

0120-82-8881

(富山県内からのみ使用可)
歳末セールはじまります
メニューを開く

山内からのお知らせ

富山県高岡市・富山市のお仏壇専門店よりご案内

数珠の珠のおはなし

ふたご座営業マンAの徒然日記 vol.1


先日あるお客様から「木玄樹」は何と読むのか
問われました。
その場では、おそらく「もくげんじゅ」でしょうと
答えましたが、いろいろ調べていくうちに
数珠の起源に辿り着きました。

木槵樹(もくげんじゅ)、木槵子・木患子(もくげんじ)
ムクロジ科の落葉高木のことをさす。

仏教の経典に木槵子経というお経がある。
ハルリの王が国に疫病等が流行していることを
お釈迦様に相談されると、木槵子の実を108個通し環を
つくり、常に身につけ、仏法僧の三宝を称賛するごとに
実を1個操り、これを百万遍繰り返せば108の煩悩を滅し
心身に乱れがなくなり、人々の心も安楽になり国家も
安泰になるであろうと説いている。


数珠のような連珠はお釈迦様以前からあったが、
このお経が数珠の起源とされ、108個の珠が本連と
されている。

また、七宝が良いとされている。
七宝は、
無量寿経には金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)
硨磲(しゃこ)、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう)。
法華経には金、銀、瑠璃、硨磲、瑪瑙、真珠、
玫瑰(まいかい)がある。

◇瑠璃:ラピスラズリ
◇玻璃:水晶(無色透明)
◇硨磲:シャコガイの殻のこと
    (白色の珊瑚が代用されることもあり)
◇玫瑰:詳細不明 赤色の石


数珠ひとつとっても何と奥が深いことか。
まだまだ修行の道は続く・・・。



投稿日:2020年09月28日(Mon) 10時09分
カテゴリー:徒然日記
投稿者:お仏壇・神棚の山内


ページ上へ